あれやったり、これやったり。

QWERTYS

オフロード 日記

秋の福島酷道ツーリング!!_1

投稿日:




Yさんのお誘いで、秋の酷道ツーリングに行ってまいりました…!
全てが素晴らしい辛さでした。

話はYさんからお誘いの

福島の甲子林道を走る!

っと言う話なので飛び付きましたw

甲子林道は入り口だけは知っていましたが、行ったことはないので知ってる人と行ければ心強い!
そしてさらに他の林道の情報も聞けたら最高だなー!なんて思っていってきましたw

 

諸事情があり、前日11時に就寝。

 

午前3時起床。


「死ねる…寝たのか俺は…?」

とりあえずコーヒーでも飲みながら準備を進めた。


「雨具はいるかなぁ…?」

天気予報を見る。
曇りときどき晴れ。


「じゃあいらないか…。」

準備が整い、外へ出る。

 

 


「雨降ってんじゃねーか良純ぃぃ!!!」

天気予報の雨雲レーダーを見る。
辺りに普通に雨雲がかかってる…。

俺の今回の上半身の構成。

ヒートテック
タートルネック
フリース
ウィンドブレーカー
ダウンジャケット
よく分からん防寒ジャケット

 

パンッパンで雨具が入る余地が1mmも無いんだが?

そういやジャケットは防水とか書いてあったきがするから、下半身にだけカッパ着るか…。
雨雲レーダーの予想を進めてみると、雨雲はしばらくすればなくなるっぽい。
しかも福島に入れば確実になくなる…。

少しの我慢か…。

ついでに普段のグローブに誤魔化しでゴム手袋つけておくか…。

んで、4時頃出発。

寒い…が、耐えられない寒さじゃない。
そしてこのクッソ薄い作業用の使い捨てゴム手袋が微妙に仕事している感じがする…?

これなら行ける!行けるぞ!

 

 

 

 

 

 

 

 

福島入っても雨やまねーぞ良純ぃ!!!

コイツどこまで仕事してねーんだ?!


「もーダメだ!寒すぎて死ねる!
自販機見つけたら休むぅ!!!」

 


「おっ!ここは確か自販機あったな?!
よし、KLXはここに止めてエンジンストップ!」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

闇しかなかった


「嘘だろ?!こんな暗い?!」

 

 

全然何も写らねぇ…。


「まぁ良い…。
とにかく今は温かいコーヒーだ。」

 

真っ暗な中で、指から伝わる小銭の大きさだけで、自販機に投入。

 

 

 

自販機のライトつかねーから何売ってるか分からねーぞ良純ぃ!!

携帯のライトで照らしながら飲み物選択するって、どこまでどこまでセルフサービスなんだよクソ!!

いつもの贅沢微糖をチョイスし、一息つく。
タバコに火をつける。


「そういえばここって灰皿あったよな…?」
っと思いつき辺りを散策する。

 

 

 

ここだけはセンサーで電気つくぞ良純ぃ!!!

喫煙者に対して厳しい昨今、ここだけは優しい世界が広がっていた…。

 

そして、雨雲から離れているのに降り続く雨…。
いつまで降り続くんだよ…。

 

到着20分前まで雨が降り続きました。

 

 

そして到着…。


「めっちゃ人いるやんけ…。」

っとビビってたら、まだまだ人が来た。

 


「つーか俺を誘ったYさんはどこだ…?
人がいすぎて分からねぇ…w」

なんとかYさんを探し出し、久しぶりの再開w
最後に会ったのは…去年?今年?にYさんから頂いた物をもらいに行った時?

 

びっくりしたのがアタクシさん普通にいるし!!!
これはFB界隈の集まりのハズでは?!

アタクシさん
「だからあのKasaiさんか言ったんですよ。」


「アッ!!!」
全てが繋がりビビったw

そしてアタクシさんから山形のお土産もらいましたw
うまかったです!ありがとうございます!

 

 

ここで、インジェクションのKLXに乗ってる方が電装系トラブル!
スペアのヒューズを使ってもすぐにヒューズが飛ぶ。
俺が丁度ヒューズのスペアを持っていたので、それを使いながら原因を探ってみてもダメ。

残念ながらその人は走れず帰ることに…。残念…。

 

 

総勢20人と言う大所帯。

つーか暴走族だろコレ。

 

 

俺のバイクはここなんですよ…
これから一体どんな事が起こるんだ‥。

そして朝の皆で挨拶をし、出発。

誰が誰だか、良く分かってないまま出発…。
何やらグループが二手に分かれるらしい?

 

ちなみに一番ボロいのは俺のKLXですね。

 

つーかCGCのNASA仕様のまま行ってますからね。
向かってる最中も気づいた人間の目が痛いこと痛いことw

 

 

 

まず最初に走ったのは旧西部林道!


「おおー!結構面白い!砂利より大き目な医師が転がってて、土はツルツル系!」

さすが、福島!面白い!

 

 

所々崩壊してるから決して油断はできない辺りが良い…。

マジで福島の林道は毎回記憶を消してから走りたい。

 

んで、ここは最初こそ荒れていたものの、後半はフラット林道に切り替わる。
あっという間この林道は終わり。

気づけば甲子林道の入り口に。

そして俺はどうやら二手に分かれるグループの中でも、ヤバイ林道に行くグループと一緒に走ってたらしい(^q^)

話を聞くと、もう一つのYさんがいるグループが来るまで1~2時間ここで待つことになるらしい…。

 


o0「いや、甲子林道の入り口に一人で1~2時間も待ちたくねぇ…。」

って訳でヤバイグループに完全に混ぜてもらって走ることにしたw

 

 

これが甲子林道!

溝は深いし、石はデカめ!
油断すれば、石で弾かれ土で滑るコース!

これは面白いわwww
楽な場所走れば簡単だけど、難しい場所を選んで走ればさらに楽しめそう(´ε` )

 

 

そしてラインの都合上、枝にヒットしてカメラが上向きになってこれ以上の写真はございませんw

 

 

そして甲子林道の頂上に無事到着!

この時に気がついた。

あのairohのヘルメット…、青いセロー…、そしてあのクロストレイナーに貼ってあるサイレンサーのTNPステッカー…。
まさかこの隣に立っている人は…。

脳内にツイッターで見たと言う記憶がつながっていく。

 


「もしかしてサトDさんですか?」

サトD
「そうです!Kasaiさんですよね?」

マジで合ってたw


「って言うことは…あの人はなべさん?」

サトDさん
「そうです!」

まさか、こんな所で一緒になるとは…。
オフロードバイク界隈は狭い…。

 

そして俺は甲子林道を往復して、Yさん、アタクシさん達のグループに戻ろうと考えていた。

サトDさん
「Kasaiさんもこの次行きましょうよ!」


「しょうがないっすねー!行きますかー!」

秒で返事しましたw

前セローがぶっ壊れまくったあの林道へ行くことになった。

 

 

続く。







-オフロード, 日記
-, ,

Copyright© QWERTYS , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.