SEL20F18Gを買って星景と風景撮ってみたのでレビューしてみる。

皆さん、こんばんわ。
久しぶりにレンズのレビューでもしちゃろうかなって気分になったので、自分の使用用途での使用感を伝えたいと思います。

 

レンズスペック

名称 FE 20mm F1.8 G
型名 SEL20F18G
レンズマウント ソニー Eマウント
対応撮像画面サイズ ●35mmフルサイズ
焦点距離(mm) 20
焦点距離イメージ(mm) *1 30
レンズ構成 (群-枚) 12-14
画角 (APS-C) *1 70
画角 (35mm判) 94
開放絞り (F値) 1.8
最小絞り (F値) 22
絞り羽根 (枚) 9
円形絞り
最短撮影距離 (m) 0.19(AF時)
0.18(MF時)
最大撮影倍率 (倍) 0.20(AF時)
0.22(MF時)
フィルター径 (mm) 67
手ブレ補正 – (ボディ側対応)
テレコンバーター (1.4x) 非対応
テレコンバーター (2.0x) 非対応
フードタイプ 花形バヨネット式
外形寸法 最大径x長さ (mm) 73.5×84.7
質量 約 (g) 373
付属品
フード (型名) ALC-SH162
レンズフロントキャップ ◯ALC-F67S
レンズリヤキャップ ◯ALC-R1EM
ケース ソフトケース
その他付属品

ソニーから引用

created by Rinker
ソニー(SONY)
¥114,462 (2021/09/23 04:45:51時点 Amazon調べ-詳細)

星景用に明るいレンズが欲しかった


SEL20F18G 20秒 F1.8 ISO2500

今まで16-35mm F4で撮影していて、ISOを爆上げする必要があり、ノイズが気になっていましたが
F1.8になったことで2段ほど明るくなったのでISOを下げるが可能になり、ノイズを大分軽減できるようになりました!

赤道義無しでも、ここまで撮影が可能になりました!
明るいレンズは正義すぎますね…。

さすがに開放で撮影したものを、等倍で見るとコマ収差ヤバいんで本当は絞って長時間シャッター開けたい所です😢

小さく、軽く、気軽に持ち運べる


SEL20F18G 25秒 F1.8 ISO3200 2枚合成

めちゃくちゃ小さくて、軽い!
なので、小さなカメラバッグでも、持ち運べるので、夜にカメラを持ち出す時は必ず忍ばせています。

この写真も、素材撮影中に暇だったので、パパっと2枚撮影して合成した、新星景写真ですね。

登山にも余裕で持っていけます


SEL20F18G 1/80 F2.0 ISO100

とにかくコンパクトに収めたい登山でも余裕で持っていけます。
撮影の方法によっては広角でもボケ感も出せますし、絞ってシャープさも出せます。

20mmの広角、それにF1.8の恩恵…。
普通に風景撮影もできますし、夜に星の撮影も可能な一粒で2度おいしい憎いやつですw

 

風景撮影にも余裕で使える


SEL20F18G 4秒 F11 ISO100

単焦点に扱いに慣れてないと、構図を決めるのに足を使わないといけないのが面倒ですけど、単焦点らしい解像度の高さでここぞの一枚で使えます。

 

万能的に使える最高のレンズ

超絶万能レンズなので、マジで使えます。

動画撮影時も大分使えます、ジンバルに搭載してVlog撮るには丁度いいレンズです。
クロップで30mmとしても使えるのでこれ一本で結構済ますことができます。

 

created by Rinker
ソニー(SONY)
¥114,462 (2021/09/23 04:45:51時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
ソニー(SONY)
¥535,000 (2021/09/23 20:31:39時点 Amazon調べ-詳細)

コメント