あれやったり、これやったり。

QWERTYS




修理 日記

WR250Fのフォークシール交換!ついでにステムのグリスアップ!

投稿日:

CGCの大町の前にフロントフォークのオイルシールがダメになって盛大にオイルが漏れた…
なので、交換をします…。

 

 

タイヤも外して、フォークガード、フェンダーも外した!
ホイールベアリングのグリスはグレーに変色して、ベアリングも死ぬ寸前だが、CGC前なのでグリスを詰め込み延命する。

土の上を走っててロックしてコケる程じゃないから大丈夫かな。

 

 

SKFのシールだけど、やっぱ動かさないと簡単に死ぬんやなあ…。
本当はSKFのシールの方が摺動性が良くて良いんだろうけど、純正のシールがメッチャ安かったので純正のシールに交換しますw

貧乏には安さが正義さ!

 

フォークガードを外す前にフォークのキャップボルトを緩めておこう!
これは100%絶対!マジで外してからじゃ素手で外せないから!

 

 

今回抜いたオイルはコチラ。
完全にいい色していらっしゃる。

粘度はちょっと硬くなってる。
交換時期っすね!
やっぱフォークオイルは最低でも1年に1回変えなダメっすわ!

 

 

ちなみに倒立フォークは、別にインナーチューブの下のボルトを外さないくても、フォークのキャップボルトとダンパーを分離させれば引っこ抜いて外せまっせ。

 

 

メタル類は、前回交換されているのか、メッチャ状態が良いので交換は保留!
せっかく新品は買ったけど交換ももったいない!
またすぐ開ける羽目になりそうだしね(^q^)

 

んで、オイルはS1を使用!
ケチって01にしようと思ったけど流石にね…。

 

 

ちなみに俺のは2007年のアルミフレームのWRFなんですけど、オーバーホール時のオイル量は648cc!
油面は基準は132mmで95-150mmの間で調整みたいっすねー\(^o^)/

俺は減衰は柔らかめが好みなので、135mmで純正よりほんのちょっとだけ柔らかく設定しました(´ε` )

 

 

このトップブリッジを留めてるナットが32mm?だったかで、ダメ元でモンキー差し込んだら角度が良くてギリギリなんとかなったけど
力を加える部分なんで32mmのソケット買ってきました(´ε` )

下のステムを止めてるナットはマイナスドライバーでコンコンと外しました。
ここの工具だけは一生買う気がしない…。

 

 

ここまでバラすのも、簡単そうでちょっと面倒でした(^q^)
面倒だったので、ハンドルに付いてるものはそのまま全部付けたまま何とか外しましたw

 

 

あっ…

これ純正のクッソ量の少ないグリスじゃ…。
って事は一回もメンテしてないね…。

WRFでハンドルをちょっと切ると、真ん中に戻ろうとする謎の現象が起こってたのはこれが原因か!!
ビッグスクーターとかこんな感じだったんじゃなかったか?当たり前なのかと思ってたわ…。

 

んー…錆びてるなぁ…。
交換は工具持ってるから出来るけど、そんな時間は残ってないので、ベアリングとレート共々根気よく掃除!

 

おー!案外キレイやん!
これなら再利用OKでしょ!

 

 

んで、2度と錆びないようにグリスでグッチャグチャにしてやった。
これで10年は見なくてええやろ。

 

これでステムを組み直すと、勝手にハンドルが真ん中に戻る現象が完全に消えた!
あれは、ベアリングorレースが原因で起こる現象なのが100%確定したw

フォークもスコスコ動く!
が、片側だけ何故か動きが渋い。
だが、考える時間は無い!ってわけでこれでレースに出たわけです_(┐「ε:)_




-修理, 日記
-, , , , ,

Copyright© QWERTYS , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.