あれやったり、これやったり。

QWERTYS

日記

WR250F気合の全バラ。

投稿日:





「最近仕事で手がヤバくてよ…
手がパンパンで、筋肉もメッチャ付いてるわ。」

手がパンパンなのをたくろーに見せる。

 

たくろー
「ほう、そうのか、」


「そういや、この手を前にも話したけどさ。
その時お前なんて言ったか覚えてる?」

たくろー
「何にも覚えてねー。」

 


お前食うとこ一杯あって良いなって言ったんだよwww」

たくろー
「wwwww」


「お前そのセリフ何から目線で喋ってんだwww」

 

つー訳でバラした所を点々とかい摘んで書く。

とにかくバラすのが初めてのバイク。
構造は大体変わらんだろうと、エンジンをバラしやすい様に邪魔な部分を外す。

 

 

サクサクっと書いてるけど、キャブバラすのが超面倒だったw
FCRはクソでかいし、サブフレーム外さないと外せなくて大変だった。

つーかキャブの配管の取り回しとか二度と復元できる気がしねぇ…。

カム山はキレイだし、ピストンシリンダーもキレイ。
エンジン内部はボルト外すのが大変だった。
ほんとにこんなトルクかかっても大丈夫なのかよ?!ってレベルできつかった。

 

 

セルの配線を外そうとしたら、土が詰まりすぎて外せねぇwww
しょうがないからバッテリー側から外したw

 

フライホイールに到達。

フライホイールプーラーが無いと一生外せないことにココで気づくw
そして調べるとWR250Fは専用プーラーじゃないと、サイズが合わないという…。
汎用の安いやつはサイズが無いんでダメっすね(^q^)

 

 

 

パーツ番号は90890-04141!

お値段は¥3,621也。
うん、まぁ値段設定はヤマハにしてはギリギリ許せるじゃないか…。

この工具のお陰ですんなり外せた!
専用工具バンザイ!やっぱ工具に物を言わせて難易度下げるのは楽で良いな!

 

 

スプロケのナットも外す。
ロックワッシャを平にしてインパクトで外したら超すんなり。

ロックワッシャあればやっぱトルクってあんまいらないのか?
まぁ組む時は全部適正トルクで組むけど。

 

 

ゲロ吐きそうなクラッチ側。
トルクスにスナップリングに、もう訳わからぬ。
統一してくれや…。

 

スナップリングプライヤーを使わずに外していた人生だったけど、アストロで買ってきた。

380円のスナップリングプライヤーはマジで剛性なさすぎて使うとしなるwww

 

 

とりあえず、ここにあるギヤとかの類はハマる所にしかハマらないから助かる。

つーかエンジンには無駄な部品は一切ない、シンプル設計だから部品点数も案外少ないけど…。

エンジンの中でしか見ないよくわからないパーツがてんこ盛りなので油断は禁物。
組めなかったらどうしよ…。

 

 

そして邪魔な物を全部外したら、クランクケースの叩いて良いポイントをプラハンでコツコツ叩く。
弱く叩かないと、どこかまだ引っかかって壊す原因だからマジで弱く叩く。

 

 

 

Foooo!!!!

外れたぞー!!!!

 

 

初めて見るけど死んでるクランクシャフト…ww
ちなみにピストンのスカートがかけてるのは俺が原因ですw
クランクが動かせなくてバラすまで、ピストンピンがクランクケースに当たって外せなかったw
その間に色々ぶつけまくってピストンかけましたww

 

 


もう100%死亡です。

その他にもベアリングがゴリッゴリな場所があるから、もう消耗品たちは使用限度が来たみたいですねぇ…。

 

金が無いからクランクシャフトはまだ買えないけど、コツコツ消耗品買えていきますか…。







-日記

Copyright© QWERTYS , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.