冬だからイルミネーションを撮ってきた。テクニックも紹介するよ!

皆さん、こんばんわ。
イルミネーションの時期になってきましたね。

クリスマスイルミネーション?これって正月を祝う前段階の祭り的なあれですよね?
俺の事ヒソヒソ後ろでJKが何か言ってるの聞こえてんぞ?あ?( ゚д゚)、ペッ

 

って訳で、イルミネーションシーズンなのでイルミネーションを撮ってきました。

イルミネーションを撮影する時に注意してる事。

自分の場合は、イルミネーションは基本的に全体の写真を撮りません。
イルミネーションの規模が大きかったり、テーマがあるようなイルミネーションの場合は別ですが、基本的に主題があってそれを引き立てるイルミネーションと言った感じで撮影してます。

上の写真の様にイルミネーションを撮っても、ちょっと弱いかなと思ってます。

そして重要なのは明るいレンズを使うこと。
つまり単焦点でF1.8前後のレンズを使うのがベストだと思います。

明るいレンズを使うと玉ボケを大きく写すことが可能なので、イルミネーションを幻想的に写すことができるので必携といえるでしょう。

 

主題を見つける

このスポットには雪だるまのイルミネーションがありました。
なので、これを主題として周りのイルミネーションを使って雪だるまを引き立たせたいと思います。

普通に撮ってしまうと上の様な写真なんですが、もっと幻想的にするためにアングルを変えて撮ってみます。

 

色々なアングルを探ってみましょう。

sigma 50mm F1.4 DG HSM SS 1/80 F2 ISO 160

下にもイルミネーションがあるので、ローアングルで撮ってみました。
イルミネーションで作られた大きな前ボケと、後ろのボケが幻想的な雰囲気になっていて、雪だるまがすごく引き立たせることができたと思います!

なるべくイルミネーションの配線を写さないようにも気を付けましょう。

主題が見つからない時はどーすんの?

そうだね。ダンボーだね。

友達もいない孤高のカメラマンの救世主、ダンボーを使いましょう。
主題がないなら用意しておきましょう。

 

撮らせてくれる人がいるなら人を撮りましょう

Vario-Tessar T* FE 16-35mm F4 ZA OSS SS 1/100 F4 ISO1600

丁度スポットライトの様に床を照らすライトがあったので、人を立たせてイルミネーション同様引き立たせています。

 

最悪はスマホで撮ってるシーンを撮る

よく見る構図やん!っとは思われますが、これマジで助かります。
最短焦点距離が短ければ可能なので、とりあえずやっときましょーね。

自分的には最悪の手段なので実質敗北を意味します( ゚д゚)

 

大きな玉ボケを写す際はセンサーとレンズの汚れに注意!

パッと見てすぐに気づきますよね。
玉ボケの中に黒い点が見えると思います。

これはセンサーにゴミがついていて玉ボケにそれが反映されています( ^ω^)…
α7Ⅲは電源が切れた時にシャッター幕閉じる様に設定できねーかなってマジで思いますわ。
つーかこんなゴミ入るか普通…。

こうはならないようにレンズを交換後は、写真を拡大して確認しておきましょうね。
この時は確認漏れでこんなのが写ってました…。

一応カメラバッグにクリーニングできる物は常にいるんですけどね…。

上記は常に持ち歩いてます。
ブロワーで飛ばせないホコリは、通称ペンタ棒で取り除いてます。

 

まとめ

玉ボケを楽しめ!!

イルミネーションとは玉ボケを楽しむ最高のシチュエーションなのです。
明るいレンズで、口径食の少ないレンズを使って撮影するのです…!

それか玉ボケが個性的なレンズを使いましょう!

主題を玉ボケで包み込み、徹底的に引き立たせるのです…!!

ですが、イルミネーションのスポットで場所を占有したり、人の邪魔にはならない様に注意して撮影しましょうね。
せっかくの撮影スポットが自分の原因で潰れる事もあります。

節度ある中で玉ボケを楽しみましょう!!

コメント